便利帳

自分用備忘録。誰かの役に立てたら幸いです。

WordPress:アドレスの設定を間違えたとき

ドメインなどを購入し、Wordpressのアドレスを変更しようとした時に、
WordPressの管理画面にログインできなくなるということがあります。

これはWordPressアドレスの設定を間違えたというケースです。

一度やってしまい非常に焦った経験がありますので、まとめておきます。

ログインできなくなる原因


アドレスの変更をするときは、まずダッシュボード→設定→一般から行いますよね。

f:id:kana_m:20170716144044p:plain


すると、アドレスが設定できる画面が表示されます。

f:id:kana_m:20170716144238p:plain


このうち、上のアドレスを変更すると、
WordPressの管理画面にログインできなくなります

変更するのは必ず下のアドレスです。


万が一、間違えてしまった場合の対処法をいかに紹介します。

対処法(応急処置)


設定ファイル〔wp-config.php〕を編集して対処する方法をご紹介します。
〔wp-config.php〕はインストールしたWordPressファイルの最上部にあります。

こちらのファイルに

define('WP_SITEURL', 'http://***********.jp/wp');// 元々のWordPressアドレス

上記のコードを追記します。

また、サイトアドレスを設定したい場合は、

define('WP_SITEURL', 'http://***********.jp/wp'); // 元々のWordPressアドレス
define('WP_HOME', 'http://***********.jp/wp'); // 設定したいサイトアドレス

上記のように記載してください。

また、このコードは編集が必要なのはここまでです !より上の行に書きましょう。
wp-config.phpの最後の行に続けて追加すると機能しないので注意してください。


これで管理画面にログインできるようになります。

データベースからの読み込みではなく、直接ファイルからアドレスを読み込むようになり
アクセスできるようになります。

対処法(根本解決)

間違えたデータベースの情報を元に戻して対処する方法をご紹介します。
※少しでも間違えると、サイト自体を消さざるおえなくなる可能性がありますので
慎重に行ってください。また自身のない方はこちらの方法はお勧めしません。

phpMyAdminAdminerなどを用いて
データベースにアクセスします。

テーブル〔wp_options〕へアクセスし、
〔option_name〕が〔siteurl〕の行を探します。


〔siteurl〕の行のURLを元々のWordPressアドレスに書き換えれば完了です。

また応急処置をしていた場合は、追記したコードを削除してください。